人前でもあがらない心のもち方

 | ,

 

今日は

「人前でもあがらない心の持ち方」

についてお話しますね。

人前で話すときは
ちゃんと伝わるように・・
相手に楽しんでもらえるように・・

と意識することは、とっても大切です。

 

でも、それを意識しすぎると
余分な力が入って緊張してしまい

余計伝わりづらい話し方になりがち・・なんです!

 

これでは、もったいないですよね。

 

 

では、
どんな気持ちをもって立てばいいのか。

 

それは・・・

感謝です!

 

感謝でいっぱいになると、あがらない

 

時間は有限です。

 

そのなかで

自分の話を聴く時間を作ってくれた。
会いに来てくれた。

 

・・とっても嬉しいことですよね!
その感謝の思いを胸に立ってみましょう!

 

会議のように
自分の話がメインの場でないとしても、
話を聴いてもらえる場は貴重なこと、ですよね。

 

「いやいや、
当然感謝しているから上手く話そうと思うのよ」
と言われそうですが・・

 

「上手く話すには」と考えるのは、
本番までの準備のときまで。

分かりやすく伝える準備をしっかりと整え、
いざ本番になったら、
その思いから解き放たれてください!

 

そうすると
顔もこわばらず、 緊張もやわらぎますよ^^

 

あなたの「楽しい」が周りに伝わっていく

 

本番のときは

「あぁ、この場に立てて嬉しい」

「来てくださってありがとうございます!」

その気持ちでいると

笑顔になるし、

プレッシャーよりも

楽しもう!という気持ちで

話せるようになります。

 

お客さんも

いかに分かりやすいか、より

いかにその時間を楽しめたかが

そのひとときの満足感につながるはず。

 

だからこそ、

まずはあなた自身が楽しむ!

その気持ちで話せば

自然と伝わる話し方度がアップしています。

 

人前でもあがらない心のもち方は

感謝感謝。

ありがとうございます!

でいきましょう!

 

お読みいただき、

ありがとうございました!!